ジョブコーチトピックス

JC-NET会議WS「精神障害者の就労支援における押さえどころ」  ( 森屋直樹 : 2018/02/20 )

平成30311日(日)JC-NET会議 9:3012:00

<ワークショップⅡ>「精神障害者の就労支援における押さえどころ」

 平成30年度の精神障害者雇用義務化にあたり、精神障害者の企業就労が増え、就労支援のあり方がさらに問われるようになってきています。当ワークショップでは、精神障害者の就労支援に関心のある方々を対象とし、ジョブコーチ等における就労支援の実践を通して、精神障害者の就労支援の押さえどころを紹介していきます。
 野路様には、精神障害者を取り巻く状況を、茂木様と上村様には、就労支援プロセス(ケースの把握、アセスメント、マッチング、フォローアップ、定着支援)に基づいた実践を通して、押さえどころを紹介していただきます。
 当日は、分かりやすくまとめた「押さえどころワークシート」を配布する予定です。日々の実践を振返り、支援者や企業として求められてきていることを再確認していきましょう。


野路和之(障害者就業・生活支援タラント)
茂木省太(JSN新大阪アネックス)
上村嵯知(ホワイトストーン)
森屋直樹(山梨大学障がい学生修学支援室)

WSⅡの感想(北海道 ホワイトストーン 上村嵯知)

精神障がいの方々の就労支援は、「より一層の信頼関係の構築」「ご本人の苦手なこと(クセ)をお互いに知り尽くし、クセに対してどう対応するのかの気持ちが折れてしまわない程度での作戦会議」「ご本人が主役となったサポート」ができる事で、ご本人は「安心できる環境の中で、自信を積み上げ、自分自身の夢や希望を達成する」という当たり前の生活を送ることが出来る可能性が高くなるのではないかと考えます。このことがどの障がいの方々の就労支援にも当てはまるのではないでしょうか?先日お越しいただいた方々の北海道にまつわる単に話題提供だけでなく、少しでも日々の業務に活かされるよう願っております。

北海道 パワーストーン 上村嵯知

投稿者: 森屋直樹 2018/03/28 12:22
WSⅡの感想(大阪 JSN新大阪アネックス 茂木省太)

精神障がいのある方の就労支援でのキーワードは「安心感」「見立て」「情報収集」だと思い日々活動しています。本人、ご家族、企業が感じている「不安」をいかに「情報収集」し、支援者の「見立て」を伝え「安心感」を持ってもらえるように変化させていくかそれに尽きると思います。一つの情報も環境や場面が変化する事で情報の形も同様に変化していきます。それを丁寧に拾い上げ具体的な情報にしていくことで的の得た見立てが立てられることが出来、より深い安心感につながっていきます。
今回の話題提供では精神障がいのある方の就労支援で起こりうる事例を紹介させていただきました。日々の支援で活かしていただけると幸いです。

大阪 JSN新大阪アネックス 茂木省太


投稿者: 森屋直樹 2018/04/11 01:25
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7842
JC-NET会議・入門講座Ⅰ「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」  ( 森屋直樹 : 2018/02/20 )

平成30310日(土)JC-NET会議14:4017:00
<入門講座Ⅰ>「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」


入門講座Ⅰの紹介

 JC-NET会議は、ジョブコーチの手法に基づいた丁寧な支援やアセスメントのあり方について、実践者が発信し続ける場所です。
 入門講座Ⅰでは、就労支援経験の浅い方々を対象にして、内容を組み立てております。
 福島県のほっと福祉記念会の小林様、鳥取県の米子ワークホームの金田様、石川県のリエゾンの北様にご登壇いただきます。登壇者のそれぞれの地域で、就労支援のプロセスに基づいて支援した事例をご紹介いただきます。「アセスメント」の視点と「地域のネットワーク」をポイントにしています。
 大切なことがつまった入門講座になると思います。
 会場でお待ちしております。


小林 尚人(ほっと福祉記念会)

北 ゆかり(リエゾン)

金田 将人(米子ワークホーム)

森屋 直樹(山梨大学 障がい学生修学支援室)

発表の機会をありがとうございました!

入門講座Ⅰ「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」で発表させていただいた、リエゾンの北です。

 この度は、発表の機会をいただきありがとうございました。私自身、改めてアセスメントの重要性を再認識する機会となりました。

 これまでたくさんの学びをいただいた「JC-NET会議」がFinalとなりましたが、リエゾンの就労支援の基礎は各機関の皆様の情報や支援方法を参考に、成長してきました。今後も支援の質の維持・向上を目指していきたいと思っております。

今後とも、ご指導よろしくお願い致します。

リエゾン 北 ゆかり

投稿者: NPO法人 リエゾン 2018/03/21 05:27
入門講座Ⅰの感想(米子ワークホーム 金田将人)

お世話になっております。
入門講座Ⅰでお話させていただいた、米子ワークホームの金田です。
入門講座の感想を述べさせていただきます。

1点目
この度、入門講座にご参加頂いた皆様、小林さん、北さん、そして森屋さんとご一緒できた事、深く感謝しています。今回、お話を頂けなければ、JC-NET会議は私にとっての高嶺の花でした。二日間、笑顔の絶えない、また自由な意見交換の場に時間はあっという間でした。
最後に、酒井さん、私のピンチを救って頂き、ありがとうございました。

2点目
「アセスメントのキーワードは『信頼関係』」。今回の資料作成中にこの言葉に出会う事ができました。そして、JC-NET会議で、障がいのある方を支える沢山の素敵な方々にも出会う事ができました。
皆さんと再会できる日を楽しみにし、利用者さんと一緒に自己研鑽に励みます。

JC-NET会議に初参加させて頂き、緊張しましたが、見聞を広げることが出来たと感じています。ありがとうございました。

米子ワークホーム 金田将人

投稿者: 森屋直樹 2018/03/21 05:28
入門講座Ⅰの感想(アクティブ東山 小林尚人)

就労支援に携わり10年が経過しました。アセスメントは「本人に寄り添う、信頼関係、実践から」をベースに考えていますが、日々仕事をしていると見失いがちなことでもありました。

私自身が今回の研修の講義を引き受けて学ぶことがたくさんありました。これからも地域の中で働く、働き続ける、障がいのあるなしにかかわらず、地域で働ける架け橋になれればと考えております。

今後ともよろしくお願い致します。

アクティブ東山 小林 尚人

投稿者: 森屋直樹 2018/03/21 05:46
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7841
JC-NET会議 ワークショップ「アセスメントから始まる就労支援」のご案内  ( 森屋直樹 : 2017/01/27 )

WS「アセスメントから始まる〜」参加される方へメッセージ ( 234.7KB )

ワークショップ「アセスメントから始まる就労支援」の紹介です。


■ワークショップのコンセプト
 ①JC-NET会議に初めて参加される方や就労支援初級〜中級者向けの方を参加対象と想定しています。
 ②アセスメントを中心とした個別支援の質の強化を目指します。
 ③アセスメントは支援の起点であり、就労支援のプロセスにとっても重要なポイントであることを確認します。
 
■内容
 就労支援において、丁寧なアセスメントが支援の起点となります。私たちのワークショップでは、アセスメントに焦点を絞り、実践的な事例を通して3名の支援者から話題提供していただく予定です。

「アセスメントのタイミングと方法」、「企業にアセスメントを伝える際に必要なこと」、「アセスメントを定着支援にどのように活かすのか」、「発達障がいのある方へのアセスメントや相談支援」、「連続したアセスメントとフォローアップ」など話題提供者の実践から考えていきたいと思います。

話題提供者から参加される方へのメッセージをパワーポイントにしております。ぜひご覧ください。

たくさんの方々とお会いできるのを楽しみにしております。

■日時
平成29年3月11日14:40〜17:20

■話題提供者
①松尾江奈:横浜日吉就労支援センター
②西田有吾:仙台市自閉症相談センター
③早川奈緒美:自立就労支援センターいしびき
※コーディネーター 森屋直樹:山梨大学障害学生修学支援室

「JC-NET会議」Facebookページ
https://www.facebook.com/jcnet.kaigi/

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7742
全3 件
[ 1 ] [ 2 ]


山梨県山梨市生まれ。
精神保健福祉士として、地域生活支援センターや病院医療相談室、グループホーム世話人や授産施設、障害者就業・生活支援センター等に勤務。
2015年10月から、国立大学法人山梨大学障がい学生修学支援室専任教員として勤務。