ジョブコーチトピックス

CEF(質の高い障害者雇用を目指す会議)の広報開始です  ( 小川 浩 : 2019/01/11 )

http://www.cef2019.com/
年頭の挨拶でも触れましたCEFの広報がスタートします。
組織団体の枠を超えて、理論・実践・政策提言のバランスを取って、質の高い障害者雇用を目指す人たちが集う会議のスタートです。
実践の小ネタを持ち寄り発表するチップスなど、新しい企画もいろいろ。
是非、ご参加下さい。

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7907
今年もよろしくお願いします  ( 小川 浩 : 2018/12/31 )

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年は、ジョブコーチ養成研修で、地方セミナーで、JC-NET会議で、ジョブコーチカンファレンスで、その他いろいろな事業で、大変お世話になりありがとうございました。
年々、1年が経つのが早くなります。現実の障害者雇用・就労支援の変化についていくのが大変と思うこともありますが、変化すべきことは変化して当然、新しい試み大歓迎。けれども変わってはいけないことについては、これは変わってはいけない、と今年も言っていきたいと思います。
ということで、今年は新しいチャレンジをいくつか始めます。その1つは、JC-NET会議の次のステップの会議「CEF Conference of Employment First-質の高い障害者雇用を目指す会議」を始めることです。JC-NETが始めるのではなく、ジョブコーチ連絡協議会、全国就業支援ネットワーク、全国就労移行支援事業連絡協議会、雇用企業支援協会(SACEC)が協力団体となり、実行委員会を作って準備をしています。より広い視点で、より幅広い分野の人が集う、「障害者雇用の質」に焦点を当てた会議です。3月16日(土)17日(日)、大妻多摩です。間もなく広報開始します。

もう1つのチャレンジは、大妻女子大学に共生社会文化研究所を設立して、共生社会に関連する研究・地域貢献、産学官連携をスタートすること。4月からスタートです。勿論、障害者雇用・就労支援に関する研究にも力を入れます。
今年は障害者雇用、就労支援の質について、アカデミックな研究も含めて、落ち着いて考えたいと思います。今年は年男。相変わらず猪突猛進、今年もよろしくお願いします。

実践と理想、両方の追求ですね

小川先生
あけましておめでとうございます。
「CEF Conference of Employment First-質の高い障害者雇用を目指す会議」、実践と理想の両方をどこまで実現できるか考える会議になりそうですね。
ぜひ、参加したいです。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿者: 中川二郎 2019/01/11 12:55
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7906
大妻女子大学 企業内ジョブコーチ・スキルアップゼミナール  ( 小川 浩 : 2018/10/02 )

<大妻女子大学地域貢献プロジェクト>
企業内ジョブコーチスキルアップゼミナール全4回。
第1回10月16日(火)18:00-19:30
大妻女子大学千代田キャンパス F棟342教室
「自閉症スペクトラムの特性を理解する」
講師:松尾江奈氏(社会福祉法人横浜やまびこの里、横浜日吉就労支援センター)
参加費無料、事前申し込みが必要。
申し込み方法は以下のWEBから。
http://www.otsuma.net/chiyoda/

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7892
全730 件
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ] [ 15 ] [ 16 ] [ 17 ] [ 18 ] [ 19 ] [ 20 ] [ 21 ] [ 22 ] [ 23 ] [ 24 ] [ 25 ] [ 26 ] [ 27 ] [ 28 ] [ 29 ] [ 30 ] [ 31 ] [ 32 ] [ 33 ] [ 34 ] [ 35 ] [ 36 ] [ 37 ] [ 38 ] [ 39 ] [ 40 ] [ 41 ] [ 42 ] [ 43 ] [ 44 ] [ 45 ] [ 46 ] [ 47 ] [ 48 ] [ 49 ] [ 50 ] [ 51 ] [ 52 ] [ 53 ] [ 54 ] [ 55 ] [ 56 ] [ 57 ] [ 58 ] [ 59 ] [ 60 ] [ 61 ] [ 62 ] [ 63 ] [ 64 ] [ 65 ] [ 66 ] [ 67 ] [ 68 ] [ 69 ] [ 70 ] [ 71 ] [ 72 ] [ 73 ] [ 74 ] [ 75 ] [ 76 ] [ 77 ] [ 78 ] [ 79 ] [ 80 ] [ 81 ] [ 82 ] [ 83 ] [ 84 ] [ 85 ] [ 86 ] [ 87 ] [ 88 ] [ 89 ] [ 90 ] [ 91 ] [ 92 ] [ 93 ] [ 94 ] [ 95 ] [ 96 ] [ 97 ] [ 98 ] [ 99 ] [ 100 ]
次へ>>
大妻女子大学人間関係学部人間福祉学科・教授、社会福祉法人横浜やまびこの里・仲町台センター

経歴:

大学院で障害児教育を学び、神奈川県総合リハセンターの知的障害者更生施設の生活指導員として障害者福祉の業界にデビュー。その後、同センターの職業前訓練科を経て、1998年より社会福祉法人横浜やまびこの里・仲町台センターにてジョブコーチの仕事を始める。2003年より現職。

プロフィールコメント:

仲町台の実践がスタートして2〜3年、目前の利用者さんの支援に無我夢中だった頃、ジョブコーチについて話しをする時は、「とやかく言わずにとにかくやってみよう」という思いを込めて「Just Do It」をキーワードにしていました。管理運営の立場になるにつれて、次第に「Plan Do See」、計画と修正の必要性を説くようになりました。今、ジョブコーチ・ネットワークを立ち上げるにあたって、気分は再び「Just Do It!」。もう一度、とやかく言わずにやってみようと思っています。日本のジョブコーチ、アッという間にここまできましたが、まだまだ理想とかけ離れているからです。一緒に「Just Do It!」の人たち、側で「Plan Do See」と囁いてくれる人たち、いろいろなカラーでジョブコーチ・ネットワークを形作っていきたいです。日本の就労支援、障害者福祉、「ジョブコーチ」をキーにどこまで変わるか。もう一勝負!