ジョブコーチトピックス

「働くチカラproject実践報告会」のご案内  ( 稲葉 健太郎 : 2018/09/04 )

 東海地域では就職困難な学生に対する支援に関して、大学関係者・企業・就労支援機関で勉強会などを開催してきています。春からは、エンカレッジの窪社長にもご協力もいただき、発達障害やコミュニケーションが苦手な大学生の就職支援「働くチカラproject東海」を実施しています。

 この度、10月14日に「働くチカラproject実践報告会」をウィンクあいちで開催することになりました。会場が80名と限られますが、大学関係者、障害者雇用人事担当、行政機関の方に対してこれまでの取り組みを発表するイベントとなっています。ご関心のあり方は、ぜひご参加ください。


日 時:平成30年10月14日(日)13時〜17時(受付12時半)
場 所:ウインクあいち 15階 県大サテライトキャンパス
定 員:80名(東海エリアの大学関係者または障害者雇用人事担当者)参加料無料
内 容:

第1部 13:10 〜 14:00 
「障害ある学生の社会移行−就労支援の現状と課題」
京都大学学生総合支援センター准教授 村田 淳先生

第2部 14:10 〜 14:40
「行政説明:障害福祉サービスの動向」
厚生労働省 村山 奈美子氏

第3部 14:50 〜 16:00
「将来の東海地域の学生支援の展開について」(実践報告&シンポジウム)
コーディネーター 名古屋市総合リハビリテーションセンター
         自立支援部 就労支援課長 稲葉健太郎
コメンテーター 株式会社エンカレッジ 窪 貴志氏 
一般社団法人fabrica  徳本 孝之氏
名古屋大学      船津 静代先生
豊通オフィスサービス 瀬口 公一郎氏

第4部 16:10 〜 16:50
「ICTを活用した新たな学生支援の取り組み」
株式会社エンカレッジ 窪 貴志氏

    ※17:30 〜 懇親会を予定しております(事前申込み)


【ホームページ】
http://www.fabrica.biz/


【案内】
案内「働くチカラproject実践報告会」 ( 602.7KB )

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7882


高次脳機能障がい者の就労支援・ジョブコーチをキーワードに、皆が元気に楽しく暮らせる社会を創っていきたいと考えています。現在の目標は、個人に対しては「究極の能力開発」、社会に対しては「新たな創造と変革」です。最近は、特に「雇用創出」に関心があります。

【略歴】
◯この世界へ入るまで
小さな頃から本を読んだり、文章を書くのが大嫌いでした。また、高校時代に、バイトで百科事典を売り回り、営業職には就かないと決意しました。そんな自分が、ひょんなことからこの世界へ。
◯1996年〜 横浜市総合保健医療センター
精神障がい者への社会復帰支援(生活・就労など)に従事。ナイトケア→デイケア→就労援助の3部門を最短で回る。ナイトケア(入所施設)時代は職場開拓ならぬアパート開拓に汗を流す。
◯2002年〜 名古屋市総合リハビリテーションセンター 就労支援課
名古屋リハに来てからは、就労支援課で9年。2003年からジョブコーチ(職場適応援助者)支援事業を担当。主に高次脳機能障がい者への就労支援に従事