ジョブコーチトピックス

JC-NET会議・入門講座Ⅰ「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」  ( 森屋直樹 : 2018/02/20 )

平成30310日(土)JC-NET会議14:4017:00
<入門講座Ⅰ>「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」


入門講座Ⅰの紹介

 JC-NET会議は、ジョブコーチの手法に基づいた丁寧な支援やアセスメントのあり方について、実践者が発信し続ける場所です。
 入門講座Ⅰでは、就労支援経験の浅い方々を対象にして、内容を組み立てております。
 福島県のほっと福祉記念会の小林様、鳥取県の米子ワークホームの金田様、石川県のリエゾンの北様にご登壇いただきます。登壇者のそれぞれの地域で、就労支援のプロセスに基づいて支援した事例をご紹介いただきます。「アセスメント」の視点と「地域のネットワーク」をポイントにしています。
 大切なことがつまった入門講座になると思います。
 会場でお待ちしております。


小林 尚人(ほっと福祉記念会)

北 ゆかり(リエゾン)

金田 将人(米子ワークホーム)

森屋 直樹(山梨大学 障がい学生修学支援室)

発表の機会をありがとうございました!

入門講座Ⅰ「基礎から学ぶアセスメントのあり方とその方法」で発表させていただいた、リエゾンの北です。

 この度は、発表の機会をいただきありがとうございました。私自身、改めてアセスメントの重要性を再認識する機会となりました。

 これまでたくさんの学びをいただいた「JC-NET会議」がFinalとなりましたが、リエゾンの就労支援の基礎は各機関の皆様の情報や支援方法を参考に、成長してきました。今後も支援の質の維持・向上を目指していきたいと思っております。

今後とも、ご指導よろしくお願い致します。

リエゾン 北 ゆかり

投稿者: NPO法人 リエゾン 2018/03/21
入門講座Ⅰの感想(米子ワークホーム 金田将人)

お世話になっております。
入門講座Ⅰでお話させていただいた、米子ワークホームの金田です。
入門講座の感想を述べさせていただきます。

1点目
この度、入門講座にご参加頂いた皆様、小林さん、北さん、そして森屋さんとご一緒できた事、深く感謝しています。今回、お話を頂けなければ、JC-NET会議は私にとっての高嶺の花でした。二日間、笑顔の絶えない、また自由な意見交換の場に時間はあっという間でした。
最後に、酒井さん、私のピンチを救って頂き、ありがとうございました。

2点目
「アセスメントのキーワードは『信頼関係』」。今回の資料作成中にこの言葉に出会う事ができました。そして、JC-NET会議で、障がいのある方を支える沢山の素敵な方々にも出会う事ができました。
皆さんと再会できる日を楽しみにし、利用者さんと一緒に自己研鑽に励みます。

JC-NET会議に初参加させて頂き、緊張しましたが、見聞を広げることが出来たと感じています。ありがとうございました。

米子ワークホーム 金田将人

投稿者: 森屋直樹 2018/03/21
入門講座Ⅰの感想(アクティブ東山 小林尚人)

就労支援に携わり10年が経過しました。アセスメントは「本人に寄り添う、信頼関係、実践から」をベースに考えていますが、日々仕事をしていると見失いがちなことでもありました。

私自身が今回の研修の講義を引き受けて学ぶことがたくさんありました。これからも地域の中で働く、働き続ける、障がいのあるなしにかかわらず、地域で働ける架け橋になれればと考えております。

今後ともよろしくお願い致します。

アクティブ東山 小林 尚人

投稿者: 森屋直樹 2018/03/21
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7841


山梨県山梨市生まれ。
精神保健福祉士として、地域生活支援センターや病院医療相談室、グループホーム世話人や授産施設、障害者就業・生活支援センター等に勤務。
2015年10月から、国立大学法人山梨大学障がい学生修学支援室専任教員として勤務。