ジョブコーチトピックス

最低賃金全国一覧と東京都最低賃金推移(2017)  ( 中川二郎 : 2018/01/04 )

最低賃金全国一覧と東京都最低賃金推移(平成29[2017]年)

みなさま。あけましておめでとうございます。

2015年分から掲載している「地域別最低賃金改定状況」の2017年分です。

出典:厚生労働省:

「平成29年度地域別最低賃金改定状況」(2017年10月から改定された賃金の一覧)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

また、下記URLでは「平成14年」から「平成28年」までの推移が掲載されています。

掲載された表の「発効年月日」欄を削除し金額同士を並べたデータをExcelにしました。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000175631.pdf

 →【H14-H22_全国推移】シートおよび【H23-H29_全国推移】シートをご覧ください。

[私見1]

Excelの58行目(クリーム色)《全国加重平均額アップ額》をご覧いただいて分かるとおり、平成14年から18年まで年間のアップ額が1〜5円と小幅なアップですが、平成19年〜29年は年間10〜25円と大幅なアップです。政府の予告どおり「最低賃金1,000円」になるまでアップが続くのでしょうか。

もう一つ、東京都の最低賃金の推移も厚生労働省のサイトに掲載されていました。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0145/9537/2017824143445.pdf

→Excelの【東京都の最低賃金推移】シートをご覧ください。

こちらは昭和48年(1973年)から平成29年までの推移です。

[私見2]

最低賃金が上がることは、多くの人(障がい者だけでなく、パート・アルバイトの人)にとって喜ばしいことです。しかし、最低賃金を基準にしている企業には、昨年の査定で優秀な人に上乗せしたアップ分の差が、翌年にすぐ埋まってしまうという事態が起きています。

最低賃金の大幅アップが落ち着くまで、この事態が続きそうです。


最低賃金全国一覧と東京都最低賃金推移(2017) ( 30.5KB )

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7830
会社員、企業在籍型職場適応援助者

電機メーカーの特例子会社に勤務。
企業在籍型職場適応援助者(旧:第2号ジョブコーチ)。
2011年2月のJC-NET第2号ジョブコーチ養成研修修了(第15期生)。
会社では、知的障がいを持つ従業員34名と仕事をしています(2017年度)。
障がい者の雇用を支援する方々の苦労を知ると共に、障がい者を雇用する側からの情報を収集・発信したいと思っています。
2013年9月(第25期)のジョブコーチ養成研修では、1コマだけですが講義を担当させていただきました。
講義名:「ケースから学ぶジョブコーチ支援の実際(1) 〜第2号 事例〜」
この講義資料も掲載いたしましたので、ご覧いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。