ジョブコーチトピックス

残り2名です!【JC企業担当者向けセミナー】  ( 堀江 美里 : 2017/12/29 )

*以下、募集をしておりますが、定員残りが2名となりました。
 お早めにお申し込みください。


企業担当者向けセミナー募集開始しました!

発達障害のある人は、自分の思いや考えを表現することが苦手なため、仕事上の指示や相談場面などにおいて、コミュニケーションの行き違いが生じがちです。コミュニケーションの問題は、仕事のミスとして表われたり、孤立感などにもつながっていきます。

このセミナーでは、講義を通して発達障害者のコミュニケーションの特徴を理解し、面談場面を模した演習を通して、独特の表現を解釈したり、言葉に表されないSOSをキャッチするなど、障害特性に対応したコミュニケーション技術を磨きます

☆セミナー内容

講 義:「発達障害の特性と職業的課題・面談による支援ニーズの把握」
 講師:柴田 珠理様(社会福祉法人横浜やまびこの里 ワークアシスト.
                        サービス管理責任者) 

演 習:「在職者への面談対応」*実際の場面で使える考え方と手法です。

 日 時:平成30年2月20日(火) 9451700

 場 所:千代田プラットフォームスクエア(東京都千代田区神田錦町3-21

 対象者:社内で障害のある社員のマネジメントと現場での直接指導を担当されている方

 受講費:10,800円(税込)

 定 員:20名 定員になり次第、締め切らせていただきます。

*ご希望がありましたら、メールにて仮申込みをお願いします。

お申込先:特定非営利活動法人WEL’S

      info@wels.jp

 *メールでのお申し出後、正式な申し込み用紙を送付させていただきます。
 

平成29年度企業担当者セミナーチラシ ( 332.5KB )




コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7827


経歴
大学卒業後、中学で自閉症クラス担任教員として勤務。
学校を卒業した生徒さん達の進路選択先のあまりの少なさに愕然としました。
情熱はあっても、知識も智慧もないあまりにも未熟な教員でした。ほんとに。
二度と障害のある方の人生に関わるような仕事はしない・・・と心に決めていました。
学校の非常勤講師や区役所のお仕事をしてしばらく過ごしていました。

その頃、衝撃的なキーワードに出会います。「ジョブコーチ」
もしかしたら、ジョブコーチがいたら、、、。
平成5年に障害のある方の就労支援をするという中野区障害者福祉事業団の募集を区報でみかけて応募。入職。
庶務経理係従事後、小川先生のJCの実践に出会います。
そして、念願の就労支援担当に従事。
厳しい財政状況の中野区でしたが、温かい区の担当者の方、先輩に恵まれ、知的障害者ための就職準備フェア、失業者対策による就労支援者養成派遣事業、なかの就労支援ネットワーク設立、企業内授産活動等々。
中野区民と関わる仲間のみなさんと歩んだ充実した14年間でした。
在職中に設立し、運営に関わっていたNPO法人での活動に本格的に取り組むため
平成19年3月に退職。

平成19年4月よりNPO法人WEL‘S新木場の運営する「就業・生活支援センターWEL`S TOKYO」での活動を開始しました。現場が一番大好きです。
 

○コメント
 NPOでの仕事をはじめて11年目になります。
 小さな法人を経営することを通して、雇用すること・継続することの責任を両肩にず 
 しりと感じています。
 「障害者雇用」をお手伝いをすることが、私たちの仕事です。
  採用は、組織にとって最重要課題です。決して、他人任せにはできません。
  採用するしない・雇用を継続するしないは、事業主の判断です。
  だからといって「全部会社の方お願いします」では、障害者雇用は進みません。
  私たちは、事業主さんの正しい判断とナイスなマネッジメントにむけての情報提供 
  とサポート、障害のある方が働いてよかったと思えるようなサポートを目指しま 
  す。