ジョブコーチトピックス

実践フォーラムin柳井始まりました!  ( 西村 浩二 : 2012/12/16 )

昨夜の雨もすっかり止んで、晴天の中、ジョブコーチ実践フォーラムin柳井が開会中です。

開会式で主催者代表として柳井市長、キリン福祉財団の千葉副事務局長からのご挨拶をいただき、現在、小川代表のキーノートスピーチが行われています。
これから山口県、柳井地域の就労支援の関係者の皆さんといろいろ意見交換していきたいと思います。

心地良い地域のつながり

西村さん、お疲れ様。地域のつながりの強さを感じた柳井セミナーでした。バリバリの就労支援に携わっている人は少ないけれど、相談支援、行政、医療、教育、家族、就労継続支援、企業、様々な立場の人たちが、地域の就労支援を育てようと意識を持って参加して下さっていました。社会資源が少ない地域だからこその結集力、人間のつながり、肩ひじ張らない関係が素敵です。ジョブコーチの充実をマニフェストに掲げた市長が開会のあいさつをして下さったことも驚きましたね。事務局として皆をつなげる役割をして下さったナカポツの藤中さん、本当にお疲れ様でした。これまで山口セミナーのバトンをつないで下さった下関、宇部の皆さん、そして、故郷山口県でジョブコーチセミナーを開催したいと動いた陰の仕掛け人小松さん、お疲れ様。
皆さん、これからもよろしくお願いします。

投稿者: 小川 浩 2012/12/17
土壌は出来あがっていますね。これから前進あるのみ!

昨日、無事にフォーラムが終わりました。
柳井地域では今後、5年間ぐらいをかけて、ジョブコーチの育成と配置を進められていくとのことで頼もしい限りです。
支援者のスキルアップと地域の中で就労支援が充実していくように行政と支援者が一緒になって取組まれていこうとされていることが実感できた一日でした。

講演いただいた柳井紙工の佐藤課長、田布施総合支援学校の村上部長、事例検討で発表いただいたほっぷ白壁の田村さん、セルプ岡の辻の伊藤さんにも講義以外のところでも貴重なお話をお聞かせいただき、山口県の底力を実感させていただいた次第です。

各関係市町の担当者の方ならびに事務局の就業・生活支援センター蓮華さんをはじめとする柳井圏域自立支援協議会はたらく部会のみなさんのお力でフォーラムの運営もスムーズに進めることができました。藤中さんお疲れさまでした。
これからの展開がとても楽しみです。

また公益財団法人キリン福祉財団の千葉様にも懇親会から当日までお付き合いいただき、今後の展開に関してもいろいろご助言いただきました。ありがとうございます。

小川さん、酒井さん、小松さん、当日は私のバタバタぶりにも冷静に対応いただきありがとうございました。特に地元の小松さんの5年間(以上)の地道な取組みが、今につながったものであり、私はあまり貢献できるほどのことはできませんでしたが、隣の広島県人としては、負けてはおれないということで大いに刺激を受けました。
これからも切磋琢磨していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

投稿者: 西村 浩二 2012/12/17
皆様のスピリットを感じました!

実践フォーラム柳井、参加させていただきました。交流会の方も出席させていただきましたが、行政の方々が多く見られたのが印象的で、なおかつエネルギッシュで、これは現場第一線で働く者にとっては大きなエナジーになりました。県東部の障がい者雇用がここまで盛り上がっているなんて・・・。もっと柳井市を丁寧にアセスメントしておくべきでしたね(笑) 自分の活動拠点ある美祢市、圏域全体もこれを目指してゆきたいと思います。 本当に素敵な時間を過ごさせていただきました。
また、今回発表された講師の方々も、取りまとめ、進行、発表と、大変お疲れ様でした。企業にとってのジョブコーチ、療育から就労のシステムづくり、ブランクがあっても就労をあきらめず、チャレンジすることの大切さ・・・本当に学びの多いものになりました。可能性を信じて、試行錯誤しながら進む皆様の姿勢と、真摯な取り組み。じわじわと感動してきました・・・時間差で。
支援はシンプルに、連携はコンパクトに。そしてスピリットを大切に。今回発表された岡の辻伊藤さんとは圏域も一緒ですので、少しずつ、自分達の圏域も盛り上げてゆきたいと思います。 ありがとうございました。来年も楽しみにしています。



投稿者: 和田 圭徳 2012/12/17
貴重な経験をさせていただきました!

実践フォーラムお疲れ様でした。

実践フォーラムでは就労移行支援事業の取組等の事例発表をさせていただきました。 発表の準備をするにあたり、改めて事業の内容を整理することができました。また講師の方々から今後の事業展開に大変参考になる助言をいただき、障害のある方の「自分らしさで夢の実現!」を目指して更に意欲も湧いてきました!!
フォーラムを企画運営してくださったナカポツセンターの藤中様、はたらく部会の田村部会長、柳井圏域の皆様、事例発表された皆様、大変お疲れ様でした。柳井圏域の事業間の「〜温かい連携〜」が大変印象的でした。宇部圏域も頑張らんといけんなぁと感じてます。
本当にありがとうございました(感謝)。

えっと和田ちゃん!宇部圏域も盛り上げていきましょうな!

セルプ岡の辻 伊藤卓芳

投稿者: セルプ岡の辻 2012/12/22
半分田布施町民、半分JC-NET。

その後すっかり風邪をひいてしまいました。
今年も山口フォーラムが終わったあ…と安心してしまったのでしょうか。

山口県で5回目のJC-NETジョブコーチセミナーでした。
それが自分の出身高校のある柳井市で行われ、懇親会がなんと田布施町で行われる。
私にとって盆と正月がいっぺんにやってきて、
サンタさんからクリスマスプレゼントまでもらったような気分でした。

あたたかい、やわらかいネットワークでした。
まず、人がつながっている…そんな感じでした。
ジョブコーチではないけれど、行政や相談支援に携わる人、子どもから大人まで携わる人たちが、
いっしょにやろうねって集っている…そんなネットワークでした。

田布施町民だからということで、そんなところに混ぜていただきありがとうございました。
素敵な時間を過ごさせていただきました。
田中さん、檜垣さん、米村さん、横田さん、石川さん、中川さん、中村さんほかみなさん、
本当にありがとうございました。

本当に半分はJC-NETだったけれど、半分は田布施町民として過ごさせてもらった2日間でした。
西村さん、そして2年越しの計画でしたが藤中さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。
山口県と愛知県、遠く離れていますが、
これからもいっしょに地域をつくるために踏ん張っていきましょう。

投稿者: 小松 邦明 2012/12/23
素晴らしい実践報告でした

伊藤さん、セルプ岡の辻の実践紹介、本当に「すごいなあ」と感じました。就労移行支援事業に特化した新規立ち上げでなく、従来の授産施設の発展ですから、一層「すごいなあ」と思います。就労移行支援事業はこうあるべし、という要素が詰まっていますね。就労支援にスピリットを持ったボスと伊藤さん。やはり人が大切だと改めて感じました。
何とか機会を見つけて、現場を見させて頂きたいものです。

和田さん(ミスター〇×〇×)、1年ぶりにお会いできて嬉しく思いました。また、実践が一歩進んだようですね。粘り強く就労支援に携わって下さい。

投稿者: 小川 浩 2012/12/23
ありがとうございます

小川様、ありがとうございます。

実践報告後に、お褒めの言葉もいただき、益々モチベーションも上昇しました!
事業所に戻り、職員にもさっそく報告しました。
褒められると「伸びる子・・・?」なので、さらに職員とタッグを組んで頑張っていこうと思います!
もちろん美祢市の「ミスター〇×〇×」とも連携しながら粘り強く地域も盛り上げていこうと思います!

ありがとうございました。


伊藤卓芳

投稿者: セルプ岡の辻 2012/12/28
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7179


経歴
大学時代を障害児者へのボランティア活動と社会勉強に明け暮れ、なぜか広告業界へ進み、4年間悶々とした生活を送る。その後1年少々を自由な人として過ごし、1996年に社会福祉法人つつじコスモス(授産施設)へ就職する。翌年ウィングに異動となり、2005年10月より広島県発達障害者支援センターで勤務し、発達障害のある人の相談業務を行っております。
コメント
ジョブコーチの方法論や経済活動へかかわるということが前職の仕事に通じる部分もあり、自分を活かせる分野と信じて、広島でも地域就労支援の波を広げたいとあれやこれやと画策しています。この業界は「社会の中で当たり前に暮らす」って言葉がよく出てきますが、このことをあえて語らなければならないほど、福祉分野と社会との距離はまだまだ縁遠いと感じています。この状態に風穴を開ける可能性を秘めているのが「ジョブコーチ」ではないでしょうか。現在は現場での直接支援に携わることよりも、地域就労支援システムをつくることと人材養成のための仕掛けをすることが中心であり、現場スタッフの側面支援が主な役割です。また発達障害児へのかかわりも兼務している関係上、「幼児期からはじめる就労支援!?」を合言葉に一貫した支援体制を東広島地域でもつくっていくことが当面の課題でもあります。