ジョブコーチトピックス

山口セミナー終了しました!  ( 西村 浩二 : 2011/01/31 )

今年度最後の地方セミナーとして開催された山口セミナーですが、
周南市は雪がちらついたものの、二日目の実践課程は会場の熱気で
大変盛り上がりました。
受講者の皆さんも早くから名刺交換や談笑が伺え、
研修が始まる頃にはアイスブレイクできていたように思います。







こちらの写真は演習の打ち合わせをしている
トレーナー、サブトレーナーです。

今回は地元スタッフの方がいろいろな役割を
担っていただき、御苦労も多かったと思いますが
お疲れさまでした。

また
運営に携わっていただいたスタッフの皆さん、
どうもありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

おじさんパワー

山口セミナーで嬉しかったのは、私と同年代のおじさんが元気で、就労支援のネットワークの核となっていること。
自立支援法もない、ナカポツもない、ジョブコーチもない、そういう頃から施設での就労支援に泥臭く取り組んできた「枠にはまらない施設職員」が、今、おじさんになって、ナカポツや就労移行支援事業を一生懸命引っ張っている。施設を変えるのは大変だけど、ある程度の年齢になって、ある程度のポジションになれば、やってやれないことはない。何もない時代を知っているから、ハングリーさも健在。
オレンジキャラバン隊が火をつけた山口セミナーは、おじさんに引き継がれて進んでいます。
若手がフットワーク軽くNPOで進める就労支援もあれば、おじさんが伝統ある社会福祉法人で進める就労支援もある。共通しているのは、「働く可能性を大切に活かそう」というスピリット。全国いろいろ、元気です。


投稿者: 小川 浩 2011/02/01
仲間が増えていくことの喜び

 山口セミナーお疲れ様でした。事務局の前崎施設長、中村さんはじめスタッフのみなさん、本当に大変だったと思います。みなさまのおかげで無事終了しました。ありがとうございました。

 1回目、2回目、3回目とお邪魔するたびに新しい仲間にお会いできること、本当にうれしく思います。小川さんのおっしゃるようにおじさんパワー(藤中さん)と新しくサブトレーナーを務めてくれた若いパワー(藤川さん、小林さん、今井さん)が融合して、しっかり根付いていると感じました。

 トレーナーの伊藤さんと友村さんもお疲れ様でした。演習終了後に自己嫌悪になるほど、しっかり取り組んでくださり、しっかりと事の大切さに気づいてくださり・・・。そんなみなさんがいらっしゃること、とても頼もしく思います。

 これからも仲間を少しずつ増やしていきましょうね。

 最後にオレンジキャラバン隊のみなさま、連絡不足で本当に申し訳ございませんでした。

投稿者: 小松 邦明 2011/02/03
2日間ありがとうございました。

山口セミナー お疲れ様でした。
準備をしてくださった実行委員の皆様、本当にありがとうございました。
(お礼が遅くなってすみません)

今回、トレーナーとして参加させて頂き、色々と刺激を受け、たくさん元気をもらいました。


家事と育児と仕事・・・・・毎日がドタバタですが、
「働く可能性を大切に」私も、小さい子がいて、周囲の様々な方から、働き続ける支援・助けを受けてるなと日々感じています。ママジョブコーチとしてがんばって行きたいと思います。

本当に2日間お世話になりました。
また会える日を楽しみにしています!

小川さんの写真・・・とってもいいですね!!


投稿者: 友村 裕子 2011/02/08
来年は、絶対参加いたします!!

山口セミナー無事終了、おめでとうございます。
今回は、気を回しすぎてイベントがダブルブッキングしてしまい
ご協力できずに申し訳ございませんでした。

オレンジキャラバンの「おばちゃんパワー」が
「おじさんパワー」に引き継がれたとの事で
ありがたいです♪
昨年末、就労支援の集まりで、県の障害者職業センターの方から
「山口県のジョブコーチの利用率は東京・神奈川などの大都市圏に
ついで多いです。それも当事者や家族の方からのご希望が多いです。」
とご報告を受け、
「オレンジキャラバン隊ヤッタじゃん!」と思いました。(小松さん、良かったね!)

おじちゃんパワーで引き継がれたジョブコーチセミナー。

さて、おかあちゃんたちが次にやるべきことは「家族支援」です。
子どもが18歳になった時、アタフタとしない家族になるように
「障害児やサポートが必要な子どものキャリヤ教育推進事業」として
「ぷれジョブ」に取り組みます。あわせてペアレント・トレーニングと
家族の企業見学会など盛りだくさんです。

本日第1回目の企画会議を開きました。
行政・NPO・学校・企業の「やる気のあるみなさん」が集いましたよ。

また、経過を、ご報告させて下さい。

小松さん、また下関に様子を見においでませ~♪

                            NPO法人 シンフォニーネット
                            岸田 あすか


投稿者: 岸田あすか 2011/02/15
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=6683


経歴
大学時代を障害児者へのボランティア活動と社会勉強に明け暮れ、なぜか広告業界へ進み、4年間悶々とした生活を送る。その後1年少々を自由な人として過ごし、1996年に社会福祉法人つつじコスモス(授産施設)へ就職する。翌年ウィングに異動となり、2002年より現在の職につく。
そして、2006年6月より広島県発達障害者支援センター専任として発達障害のある人の相談業務を行っております。
コメント
ジョブコーチの方法論や経済活動へかかわるということが前職の仕事に通じる部分もあり、自分を活かせる分野と信じて、広島でも地域就労支援の波を広げたいとあれやこれやと画策しています。この業界は「社会の中で当たり前に暮らす」って言葉がよく出てきますが、このことをあえて語らなければならないほど、福祉分野と社会との距離はまだまだ縁遠いと感じています。この状態に風穴を開ける可能性を秘めているのが「ジョブコーチ」ではないでしょうか。現在は現場での直接支援に携わることよりも、地域就労支援システムをつくることと人材養成のための仕掛けをすることが中心であり、現場スタッフの側面支援が主な役割です。また発達障害児へのかかわりも兼務している関係上、「幼児期からはじめる就労支援!?」を合言葉に一貫した支援体制を東広島地域でもつくっていくことが当面の課題でもあります。