ジョブコーチトピックス

久しぶりの・・・  ( 西村 浩二 : 2009/05/25 )

先日ですが、株式会社キューピーあいの湯田社長が広島へお見えになられました。
関連企業の障害者雇用の支援のために来られたのですが、その際、郵便局株式会社中国支社と呉安芸地域障害者就業・生活支援センターを当法人の就業支援ワーカーがご案内させていただきました。
私は別の用事が入っていたため同行できず、夜の部で合流しました。

その夜の部の参加メンバーですが、湯田社長をはじめ、当日見学をお引受けいただいたシニアコーチの日野様、呉安芸地域ナカポツセンターワーカーの加藤さん、迫田さんや当法人の就労担当者で大変盛り上がりました。
参加メンバーを改めて確認すると現・元企業関係者が多く、プチ雇用部会夜の部といった感じでした。週の初めということで私は翌日はへろへろになりましたが、湯田社長が元気に用務をすまされ、次の日には東松山に行かれたようです。

このような機会は普段ではなかなか話せないことも遠慮なく話すことができ、一気に距離感が縮むところがよいです。広島でも本格的にこのような集まりが定期的に行えるように準備していきたいものです。

ちなみに呉安芸地域障害者就業・生活支援センターはこの4月から社団法人広島県就労振興センターが委託を受けて運営しております。

ご無沙汰でございます…

 西村さんこんにちは! 
写真真ん中の一番奥は、坂元さんですね、もう7年前になりますか、
素晴らしい特例の立ち上げにご苦労されました。国内4か所の
ブランチを持つ障害者雇用の優等生に育っています。
一昨年でしょうか、広島の土師川をさかのぼって訪ねた社福、
駅前でしみじみとした夜をご一緒しました。

 湯田さんは、2号一期生のはず、私たちの会社に現場実習に
お出でいただきました。社長さんが何でと随分と訝しく思いましたが、
その後のご活躍に、あーそうかと納得しております。
沢山の仲間たちとの、たくさんの想いを感じております。
 こんな感傷を寄せて、良かったのでしょうか…

投稿者: 本間 修 2009/05/27
全国を飛び回る2号の第1号

「2号の第1号」??ややこしくてスミマセン。湯田社長はJC-NETの2号ジョブコーチの第1期生という意味です。キューピーのグループ会社等の障害者雇用のアドバイスや調整に飛び回っておられるようですが、各地でネットワークを広げておられるパワーがすごいです。ジョブコーチの役割は、福祉と企業の中間、橋渡し役だと思いますが、それは1号も2号も同じですね。2号のアプローチ、パワフルです。

そうそう、広島県就労振興センターが呉安芸地域障害者就業・生活支援センターを受託したのですね。地道な仕事が1つの形になりましたね。これからが大変だと思いますが、実力ある中ポツとなって広島の就労支援を引っ張って頂きたいと思います。西村さん、広島もいろいろと動いていますね!

投稿者: 小川 浩 2009/05/27
広島の風景も

本間さん、小川さんコメントありがとうございます。
広島の10年前を考えると就労支援の現場で企業関係者の方とこうした機会が持てることも、元企業にお勤めの支援者にお会いすることもない時代でした。
こうしてみると就労支援に携わる人の層が変わってきたなあとしみじみ思います。


投稿者: 西村 浩二 2009/05/27
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=6275