ジョブコーチトピックス

大学での職場体験実習  ( 西村 浩二 : 2007/09/07 )

先日のジョブコーチ養成研修の「地域の社会資源の活用」のコマでもお話したのですが、現在広島大学の関係者と協働で、発達障害のある人たちの職場体験実習の機会を大学内で進めようとしております。

目的としては、
発達障害のある人:実習機会の確保、職業アセスメント、将来の就労先

大学生:実習のサポートに携わることによって発達障害の理解をする、支援スキルの学習等

大学:障害者雇用促進のきっかけ、学生育成の場の創出等

などを掲げて2週間の試験的取組を行いました。
今後、さらに検討を重ねて、本格的な取り組みを行っていきたいと考えています。

中国新聞

ご質問

金沢大学でジョブコーチとして働いているものです。
障害のある方に仕事を教えるには、それなりのノウハウが必要である、という考えから大学に雇ってもらっている身なのですが・・・

学生の皆さんには、どのように(誰が)JCのノウハウを教えているのでしょうか?
実際、学生や障害のある方それぞれの反応はいかがですか?

私も、ぜひ学生を巻き込んで大学内の障害者雇用を拡大していきたい、と思っているところなので、また色々情報お願いします。


投稿者: 橋元 朋代 2007/09/10
学生の研修

コメントありがとうございます。
この取り組みに関しては、関わって頂く学生には事前研修として2日間受講していただきました。講師は法人のスタッフで割り振りをしました。
まだ試行段階なので内容・時間等の修正が必要なのですが、今後の展開として、教育学部の学生が関わる上で、介護等体験実習のポイントにスライドできないかということで、検討を進めていく予定です。
どちらにしても関わって頂く以上、モチベーションが大事なので、教員を目指す学生であれば早い段階から発達障害のある方に関わる機会を持って頂こうというのが目的のひとつでもあるので、これから半年かけて試行した後に、本格的な取り組みにしていきたいと思っています。

投稿者: 西村 浩二 2007/09/10
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=5259