ジョブコーチトピックス

【JC-NET2007報告】実績発表分科会『知的障害分野の就労支援』  ( 川邊 循 : 2007/03/11 )

 「ジョブコーチ・ネットワーク(JC-NET)会議2007」の中で、私は二日目の実績発表分科会『知的障害分野の就労支援』の司会という大役を仰せつかりました(不慣れな司会でお聞き苦しい点があったことはご容赦下さいませ)。
 この分科会では、「NPO法人障害者雇用部会」の本間さん、「福岡市障がい者就労支援センター」の富永さん、「新篠津ふれあいの苑」の千葉さん、「大阪府障害者福祉事業団」の浜田さんから、それぞれの地域とお立場からの”熱い”実践のお話が報告されました。

 私なりに皆様の報告を伺う中で、共通のキーワードは『繋がり』だと思いました。「ネットワーク」や「連携」という言葉にも置き換えられます。

■障害のある人を雇用している企業同士の繋がり
■医師などさまざまな専門家との繋がり
■家族との繋がり
■養護学校と就労支援機関との繋がり
■ジョブコーチと従業員との繋がり
■ジョブコーチ同士の繋がり
■生活支援をする人との繋がり
 
 こうしたさまざまな『繋がり』を作ることや自分から『繋がり』の中に入っていくことの大切さを4名の方が共通に仰っていました。この『繋がり』が、地域の中での働く障害のある人たち、そして、働くことを支援するさまざまな立場の人たちの支えになっていること、そして、この『繋がり』を絶やしてはいけないことを、改めて感じました。

 発表の後の休憩時間には、フロアに下りた4名の方たちの前に、名刺を持った参加者の方たちの長い列ができました。ここにも、新しい『繋がり』ができていました。

 残念ながら今回参加できなかった方、ぜひ、当日の抄録集を手に入れてご一読ください。紙面からでもとても熱いスピリットが感じられるはずです。

緊張しました!!

 大変緊張しました。後で何をお話したのかを思い出してみましたが、あの会場の風景だけが・・・。でも川邊さんが前日から、同じ分科会で発表する皆様をご紹介くださり、本当に心強かったです。ありがとうございました。
 今回も非常に強く『繋がり』を感じました。私自身、昨年の第一号養成研修に参加し、非常に多くの方々と『繋がり』、今回のJCネット会議で再会し、様々な地域の方々と情報交換を行うことが出来ました。多くの方々と『繋がり』、福岡に帰ってきました。 この仕事をして一番の楽しみは人と出会うことです。日本全国、様々な地域に『繋がり』ができ、多くの方々にスピリットを頂き、勇気づけられて仕事が出来ることに幸せを感じます。
また次回のJCネット会議を楽しみにしております。
 また、今回、準備等非常に大変だったことと思います。スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。
本当に参加出来てよかったです。ありがとうございました。

投稿者: 冨永 祐一 2007/03/12
かわなべさん・・・

 もう10分ほど、欲しかった。彼や彼女たちの可能性を信じて欲しい、それを準備し・育てるのはあなたの家庭という場なのではないでしょうか・・・生きる力、障害があるとか無いとか、関係のないことと思います。でも、だからこそ、生きていく力をしっかりと教えて欲しい。しっかり地面に立ち、前に進んでいこうという人は、きっとどこかで輝いていくのです。大事にしていきたいと思います。そんなことを信じている本間であります。

投稿者: 本間 修 2007/03/12
かわなべさん・・・

 有難うございました。何時ものことで、沢山の言いたいことをいい逃していますが、そんな場をいただいたことを感謝しています。
 繋ぐ、という感触とちょっと違うのかなとも思っています。それは繋ぐではなく、今・共にそこにいるという実感なのです。今そこにいる限り、貴女と、私は向き合い、何かをなしあわねば゛なら無い・・・ きついけど、お互いに課せられた、テーマ、命題、ちゃんとクリアしましょう。 生きるって、そんなことをちゃんと向き合うことなんでしょうね・・・ 
 さまざまのことを考えさせられた2日でしてた。 こんな場を与えていただいたことを、きちんと感謝を申し上げたいと思っています。

投稿者: 本間 修 2007/03/12
ありがとうございました



慣れない発表でお聞き苦しい点もございましたが、最後まで聞いてくださった皆様ありがとうございました。

今回、このような機会を与えていただき小さいですが事例をお伝えする事ができてよかったです。

過疎に悩める地域で活動する皆様に元気をあげられたかどうか心配ですが、ネットワークを広げて一緒にがんばって行きましょう。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: 千葉紀子 2007/03/13
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=4558