ジョブコーチトピックス

日本職業リハビリテーション学会に参加しました  ( 西村 浩二 : 2006/09/11 )

先日、神奈川工科大学で行われた「第34回日本職業リハビリテーション学会大会」に参加してきました。
私は2日目のオーガナイズドセッションのスピーカーとして「授産施設からの移行事業」のところで、地方の授産施設が就労移行支援事業に取り組む場合の課題と展望について発表させていただきました。
小川さんがよく言われることとして、需要と供給の問題が特に地方においては大きな課題だろうと思いますが、エリア内でよほどの相互協力と連携がなければ移行事業が流れていかないのではないかと危惧しています。

地域の支援機関が行う就労移行支援.ppt

地域の支援機関が行う就労移行支援.pdf

ほんとの連携。

短い時間(15分)でしたが、西村さんの発表は、「うーん」と「!!」が一杯でした。地域に就労移行支援事業に手を上げる法人は何箇所あるのか、送り出しの支援をする法人は何箇所あるのか、対象者や事業所の掘り起こしはどのようにするのか・・・、真の意味でのネットワークがないと成り立たないのだなと実感しました。

ちなみにサービス管理責任者(就労)の情報がまだ聞こえてきてないので、またどこかでアップしていただければうれしいです。

投稿者: 柴田 珠里 2006/09/13
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=3749