ジョブコーチトピックス

JC−NET 分野を超えた就労支援分科会  ( 西村 浩二 : 2006/03/13 )

2日目の午前という実行委員にとってはいつものことですが、前日のアルコール漬けのヨレヨレ感が漂っている(?)時間となりそうな中、4名のスピーカーからすばらしい発表をしていただき、とても熱気のある分科会になりました。
発表者は、高次脳機能障害の支援を中心とする「コロポックル」の大野さん。自閉症支援では全国的にも先進的な取り組みをされている「それいゆ成人支援センター」の水野さん。地域の独自性のある制度と国の制度をからめながら、ユニークな取り組みを行われている「東松山障害者就労支援センター」の若尾さん。作業療法士との連携をアセスメントに生かした取り組みを報告された「金沢障害者就業・生活支援センター」の山田さん。
以上のメンバーによるもので、皆さんスムーズな発表と時間もきっちりと締めていただいたので、私は何も仕事がなく、発表を堪能させていただきました。
皆さんの発表に共通していえることは、アセスメントやネットワークの重要性であり、ジョブコーチの支援プロセスがきっちりと実践されている点でした。
つたない進行のもと、発表者のみなさんや参加いただいた方々のおかげで充実した分科会になりました。
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。

 ご期待に応えられる内容であったかどうか、未だに良く分かっていない所なのですが…。とても有意義な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。西村さん小川卓さんをはじめとした、分科会のスタッフの皆様のおかげで楽しくやらせていただいたこと、本当に感謝です。

投稿者: 若尾勝己 2006/03/13
発表者に支えられるコーディネーター

同感です。実践報告者の発表内容そしてタイムキープの能力に助けられる、分科会コーディネーターなのです。そして、時間が余ったら何かコメントや質問をしなくてはならない立場なので、真剣に発表を聞けるのも役得です。

投稿者: 志賀 利一 2006/03/13
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=3214