ジョブコーチトピックス

精神障害者  ( 志賀 利一 : 2005/06/07 )

精神障害者とは、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律において、「精神分裂病、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者をいう」と定義されています。この定義は、精神科医が(精神医学の分野で)取り扱う精神科障害の診断名を網羅しています。確かに、知的障害や発達障害のある人は、精神科医を主治医とすることが一般的です。しかし、障害福祉の制度では、このような障害の多くは療育手帳を取得し、精神障害とは別の知的障害として取り扱われています。知的障害者福祉法に知的障害が定義されていないことと関係しているのかどうかわかりませんが、障害福祉や教育・リハビリテーションの現場の認識と法律上の定義と若干の矛盾があることは覚えておきましょう。
障害者雇用の対象となる精神障害者とは、統合失調症(精神分裂病)、うつ病・躁うつ病、てんかんにかかっている人で、精神障害者保健福祉手帳の交付を受け、症状が安定し就労が可能な状態にある人と言われています。ジョブコーチにとっては、精神障害イコールこの障害者雇用の暗黙の対象者に馴染みがあります。
ところが、この暗黙の対象者も現状とのずれがあります。たとえば、うつ病・躁うつ病に関しては、発病しやすい時期は中高年であることが多く、原職への復職が大きな課題であり、これまで障害者雇用の対象あるいはジョブコーチによる支援の事例がほとんど無いのが現状です。また、てんかんについても、これまで障害者雇用の対象として支援を受けてきた人の大多数は、療育手帳等を取得し知的障害者のサービス受けてきています。
平成18年度(平成17年の通常国会により雇用促進法の改正)より、精神障害者を雇用した企業は、その人数分を身体障害者あるいは知的障害者とみなし雇用率に加えることになります。また、週20時間から30時間未満の短時間雇用についても、雇用率0.5カウントという新しい制度も導入される予定です。しかし、現実にどれくらいの人が、障害者雇用のニーズあるいはジョブコーチのニーズがあるかは、まだ不透明だと言えます。社会的には重要なテーマであるだけに、本来のニーズに沿った仕組をみんなで考えていく必要があります。

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=2174


大学を卒業後、民間の発達障害専門の診療所で働く。当時は、心理職として乳幼児から学齢時を中心とした発達障害児の療育相談を行っていた。13年後、労働組合(電機連合の神奈川)が社会福祉法人を設立する段階で合流。障害者の一般就労を目指す施設の運営に携わる。さらに15年が経過し、50歳を過ぎてから、現職に。知的障害・発達障害のある人の生活上の課題と支援のあり方について、調査研究を8年間行ってきた。還暦を目前に、4度目の新入社員を2018年4月からはじめました。知的障害・発達障害を中心に、ゆりかごから墓場まで、安心した生活ができる環境づくりに向け、微力ですが、まだまだがんばります。

【略歴】
昭和57年 埼玉大学教育学部卒
昭和57年 (財)神奈川県児童医療福祉財団小児療育相談センター勤務
平成7年  社会福祉法人電機神奈川福祉センター勤務
平成22年 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園 研究部・研究課 勤務
平成30年 社会福祉法人横浜やまびこの里 相談支援事業部 勤務