ジョブコーチトピックス

週末、利用者さんに街で会う・・・の巻  ( 川邊 循 : 2005/04/01 )

 みなさん、週末に思いがけない場所で利用者さんにばったりと会うこととかありますよね?
 実は、私もつい先日、この四月に就労したS氏を見かけることがありました。
 うまく文章が書けないのですが、何となくどなたかに話したかったのでUPしました。R25感覚で読んでいただけるとうれしいです。

※「R25」は首都圏で配布しているフリーペーパーです

S氏サイクリング.doc

支援する側のバランス。

就労の支援にしても、生活の支援にしても、「生活の質」を考えるとき、支援する側の想像力や考え方、生活のバランスって大切なんですね。

わたし自身のことを考えてみても、「自分の仕事」だけに没頭してしまい、自分自身の気持ちやプライベートな生活に目を向けるゆとりがないときは、結局、仕事もうまく回っていない八方ふさがりなことが多いです・・・。

支援する方に、コミュニケーションをとる余力、いろんな情報を受け入れ整理する余力、そして新しい変化を楽しむ余力がないと、新しい生活に漕ぎ出す利用者さんと二人三脚する力が生まれないのだなぁと思いました。

ところでR25って何?

投稿者: 柴田 珠里 2005/06/02
そうですね

確かにそうですよね。「仕事」と「余暇」は、時として「余暇」が優先されてもいいんじゃないかと思う事があります。何のために働くかここを見失っちゃだめですよね。

むかしむかし人間は、食べ物を得るために狩りをしました。でもある男が狩りが面白くなり獲物を持ってくるなりまた狩りに出るようになりました。ある日帰ると村は、なくなっていました・・・・・これは、私の妻が言った事です。もちろん言われたのは、私です・・・・

投稿者: 大澤 隆則 2005/06/03
私が街で会ったときは…

 読んでいて、「私の場合」をちょっとお話ししたくて、遅ればせながら初UPさせていただきます。  通勤途中の路で時々会うCさんのことです。いつも変わらない笑顔を私に見せてくれる、Cさん。 私が気が付かなければ、もしかしたら、黙って見ていてくれるだけかもしれません。 私が落ち込んで、下を向いて歩いていたときも、視線を感じて、ふと顔を上げると、「野畑さんはてんとう虫?てんとう虫はもう行きません」と笑顔で言葉をかけてくれました。その笑顔をもらって、元気になっている自分にびっくりしたことがありました。   柴田さんのコメントにも八ッとしました。大事なことだけど、忘れているなあ…って。

投稿者: 野畑雅子 2008/07/04
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=1909