ジョブコーチトピックス

第一回ジョブコーチネットワーク会議<ポスター発表>川辺  ( 川邊 循 : 2005/03/28 )

(抄録より)
 障害のある人のアセスメントの中で、ご本人の希望する職種や雇用条件をJCが聞き取ることがあります。しかし、働きたいという漠然とした希望は聞かれても、自分にどんな仕事や職場が向いているのか、一日何時間働くことができるのか、といった具体的なイメージをお持ちでない方もいます。そこで、ご本人の就労のイメージを一緒に作っていくプロセスが必要になると思います。
今回の発表では、障害のあるご本人と一緒に働くイメージを作っていった過程について、ジョブコーチの方法論と支援のプロセスという視点から考えていきます。

JC-NETポスターWEB用.ppt

立役者二人。

川邊さんの添付ファイルをごらんになった方はピンときたかしら?今回の発表の立役者二人の写真です。ポスター発表を支援先の方が見に来てくださるのって、うれしいものですね。

投稿者: 柴田 珠里 2005/03/28
写真掲載ありがとうございます

 とてもナイスな写真ですねぇ。早速、自分用に保存しました。
 実は添付したファイルには事業所の方とご本人が写っているページは入れていません。あまりにもお顔がはっきりしていたので・・・。
 でも、柴田さんが掲載してくれた写真を拡大表示してみると、隠れキャラならぬ、隠れPPTがでてきます。
 ほんとうに事業所の方が会場に来てくれたのはとてもうれしかったです。いつか、事業所の人と一緒に実践を報告できたらいいな、と思いました。
 

投稿者: 川邊 循 2005/03/28
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=1867