ジョブコーチトピックス

職務分析  ( 川邊 循 : 2004/11/05 )

【職務分析(Job Duty Analysis)】

 「職務分析」とは、障害のある人が「いつ」、「どこで」、「何の作業をする」といった情報を把握し、出勤から退勤まで行動を時間に沿って整理したものです。
 「職務分析」を行うには、ジョブコーチは職場の中での支援を始める前に、見学や実習を通じて事業所のさまざまな情報を集めていきます。始業時間や終業時間、事業所内の雰囲気、従業員の人数、事業所で行われている業務内容、事業所のルール、などがあります。さらに、実際に障害のある人が担う一日の仕事をジョブコーチが体験することで、業務に関連するさまざまな情報を集めていきます。事業所の指示系統、職務の優先度や期限、作業場所、作業内容と所要時間、備品の置き場所などを把握しておきます。
 「職務分析」を行うことによって、ジョブコーチは職場全体のことを把握することができますし、障害のある人にどのような支援が必要かを検討することができます。さらに、予め障害のある人に職務分析した内容を伝えることによって、職場への導入時に障害のある人とジョブコーチの双方が仕事の見通しを持つことができます。障害のある人が使用するスケジュール表はこの「職務分析」を元に作成しています。

コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=1245