ジョブコーチトピックス

回想録〜普通の施設が始める就労支援(何から始める?)  ( 西村 浩二 : 2004/09/28 )

まずは就労支援を行うには、外に出て行かなければなりません。施設内の職員配置についてはもちろん、余分に配置できるわけではないので、体制を工夫して(例えば20人の利用者を4人で見ていたとすれば、それを3人で見るようにするなど)一人専属で配置できるように職場内のコンセンサスを得られるように提案しました。
次にまずは職場訪問。対外交渉になれるためにも、職場の状況を調べるためにも、職場訪問をしていくことから始めました。最初の電話は今でも覚えていますが、自動車の部品製造を行う工場に電話を入れましたが、ヒジョーに冷たくあしらわれました。今思えば、たどたどしい口調や何を言っているか分からなかったから怪しまれたのかもしれません。
その後もミニコミ紙、ハローワークなどの求人情報から引っ張り出してはとにかく電話攻勢。
でも企業の反応は「障害のある人は雇っていない」「できない」「こなくていいよ」と非常に冷たい言葉を浴びせられることが多かったのです。
「営業やってたときと勝手が違うぞ」最初のやり取りの失敗から軌道修正を余儀なくされ、次はあらかじめメモを用意、話す言葉は簡潔にしていこうと少し事前の準備もしていくようになりました。
そうこうしているうちに、ちょっと当たりのよさそうな事業所にヒットしたのですが、いざ職場訪問を、となったときに、引き気味になってしまったので、これはやばい!と思い、
とっさに出た返し言葉は「じぁあ、貴社の職場の様子を伺うことで、今後の参考にさせていただきたいのですが」「私自身職場の雰囲気を見させていただいて、勉強をしたいのです」と言葉を返すと、「そういうことならいいよ」と相手は安心したのか、職場訪問の約束に成功できました。
そのような経験を何度かするにつれて、最初の段階で断られることはなくなったのと、当たりの可能性の高いところを事前にチェックすることを覚えていったのを記憶しています。
そして最初に仕事として関わることになったのは、まずは施設外で作業をするチームの作業内容をどうするかということで目に付けたのは社員寮の清掃の仕事でした。そこでは時給750円、時間は5時間程度と初めに取り掛かるにしては手ごろな内容でした。これを2名一組から始めて計算上では一人当たり月30,000円程度の工賃支給ができると踏んで取り組みはじめたのが、私のジョブコーチ道の最初の一歩でした。


コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=1142