ジョブコーチトピックス

速報!「ジョブコーチ実践フォーラムin九州くまもと」大盛況で終了!!  ( 永井崇雄 : 2014/10/06 )

みなさ〜ん!そして小川代表!!お待たせしました。実践フォーラムin九州くまもとの速報です。
実践フォーラムin九州くまもとは、無事に2日間の日程を終了いたしました!!なんと参加者が、ボランティアスタッフも合わせて総数のべ180名、そして懇親会も92名の参加者でした!!あまりの熊本フォーラムの熱気に、心配していた「台風さん」も熊本から逸れていきました!(笑)
速報として、簡単ですが、フォーラムの様子
をご紹介いたします。
4日(土) は、小川代表の「キーノートスピーチ」で幕を開けました。参加者全員が小川代表の話に夢中に!!あっという間の80分間でした。今回のフォーラムのベースとなる「ジョブコーチスピリット」を再確認させていただきました。
実践発表Ⅰ「熊本の就労支援ネットワークと就労移行支援のジョブコーチ支援実践」では、熊本の就労支援の中心である原田様と中田様より、熊本のネットワークの状況とジョブコーチの知識やスキルを生かした実践についてご発表いただきました。その後のグループディスカッションでは、熱い 意見交換が交わされ、司会のマイクの声が聞こえないほどに!!参加者それぞれが、自分の実践を振り返る良い機会になりました。
夜の懇親会では、これまた、たくさんの参加者の熱気に包まれ、たくさんの情報交換ができました。最後のスライドショーはいかがだったでしょうか?「ALL九州」のパワーを感じることができましたでしょうか?この「パワーのバトン」をこれからも繋いでいきたいと 思います。そしてナント・・・2次会の元祖熊本ラーメンのお店に集まったのは、総勢22名!2階席を予約しておいてよかったです(笑)飲んだ後の豚骨ラーメンは最高でしたね!
5日(日)は、益々、会場の熱気は急上昇!!2日目午前中は、「ジョブコーチの支援プロセス」に沿って、熊本、福岡、鹿児島からの実践発表がありました!
実践発表Ⅱ「 アセスメントとジョブマッチング」では、熊本のアス・トライ就労移行支援事業所の山田様よりご発表いただきました。IPS(個別就労支援プログラム)の考え方をベースにした支援や「キャリアインサイト」の活用など、アセスメントと、それに基づいたジョブマッチングの重要性を再認識することができました。
実践発表Ⅲ「職場における集中支援・ナチュラルサポートの形成」では、福岡の西鉄ウィルアクト株式会社の樂滿様と福岡市障 がい者就労支援センターの石井様のお二人からご発表いただきました。グループ会社内でのナチュラルサポートを形成するためのキーワード「認知と信頼」のためのポイントをお二人の軽快なクロストークを通してたくさん学ぶことができました。ウィルアクト様での確かな支援が、この「認知と信頼」を作り上げているというジョブコーチ支援における大切なポイントも学ぶことができました。
実践発表Ⅳ「フォローアップ・関係機関との連携」では、鹿児島 のおおすみ障害者就業・生活支援センターの新保様よりご発表いただきました。「支援チームを作り方」を事例を通して学ぶことができ、就労支援ネットワークの重要性を改めて感じることができました。これらの3つの実践発表は、どれも「ジョブコーチの支援プロセス」のポイントが押さえられており、九州全体の就労支援のクオリティーの高さを感じることができました!!
そして、昼食をはさんで行われたポスターセッション!!圧巻の21のポスター発表と参加者の方々の生き生きとした姿に何だか嬉しい気持ちでいっぱいになりました。それぞれの実践を「言語化」して整理し、発信することで、次の新たな一歩が踏み出せるのだと改めて感じることができました。どのポスターも実践の質が高く、次回のフォーラムではぜひ、実践発表をしていただきたいです。ポスター発表をしていただいた皆様、本 当にありがとうございました。
今回のフォーラムを締めくくったのが、シンポジウム「利用者側の視点からジョブコーチ支援の在り方を探る」です。ライン工房の熊川様のコーディネートのもと、シンポジストとして、当事者の松尾様、就労移行支援センターらぽーる宇城の橋本様、株式会社共同の兒玉様、熊本県南部障害者就業・生活支援センター「結」の山口様から、それぞの立場からのお話をいただき、最後に、石井様にまとめていただきました。ジョブコーチのスタンスとして、当事者と企業双方の立場に立つこと、就労移行支援スタッフとの滑らかな連携の重要性など、ジョブコーチとして忘れてはいけない視点を再認識することができました。
今回のフォーラムでは、これまでの3回のセミナーの成果を実践を通して確認し合うとともに、「ALL九州」のパワーと就労支援の質の高さを実感することができました。
今回のフォーラムの助成をしていただきました公益財団法人キリン福祉財団様、そしてフォーラムを共催していただきました小川代表、松本様をはじめとしたジョブコーチ・ネットワークの皆様に厚く御礼申し上げます。
次のステージを目指して・・・さらに熊本の就労支援ネットワークを深めていきたいと思います。

圧倒されました!

疲れを知らぬ永井先生!

もう、こんな報告を出されて、熊本の今を象徴しています。

フルマラソンを走ってまだ走れますと・・・・お疲れ様でしたと言えないですね。

満を持しての実践フォーラムの熊本での開催、

内容の検討にも運営準備にも練りに練りをかけて1年間準備してこられたエネルギーが爆発しました。

すばらしかったです!

一つ一つの発表の質が高く、九州全体の就労支援をやジョブコーチ支援のレベルを、グイッと引き上げてくださいました。

ありがとうございました。

参加された皆様の中で、ジョブコーチセミナーを受講したいと思われる方は、11月29日〜30日大分別府で開催されますので、ぜひお申し込みください。


投稿者: 松本 玲子 2014/10/06
皆さん、お疲れ様でした!!

永井先生始め、実行委員会の皆様、大変お疲れ様でした!!
定員を超えるたくさんの方々が参加され、熱心に聞かれている様子を見て、熱いのは実行委員だけではない事を改めて実感させて頂きました。
また、実践発表のどれもこれも内容が濃く、大変参考になるものばかりでした。
実践報告を聞くと、自分の支援の状況を振り返り、色んな面での偏り感に気づくこともできるのでイイですね。
更に熊本のネットワークの充実振りにはいつも驚きと羨ましさを感じます。熊本を参考にしつつ、福岡の現状に適したネットワークのあり方を考えねば・・。
熊本の皆さん、今後ともよろしくお願いいたしま〜す。

 
                                 福岡市障がい者就労支援センター





投稿者: 石井浩明 2014/10/06
懇親会のDVDが・・・

セミナーの素晴らしさは、もう十分伝わっていると思うので・・・。
懇親会で流れたビデオが素敵でした。永井夫妻作?

やっぱり一所懸命やると、人が集まり、一所懸命さが人を動かすのだなあ、と実感しました。

投稿者: 小川 浩 2014/10/07
Just Do It!

小川様、松本様、石井様ありがとうございます。
今回の「実践フォーラムin九州くまもと」は、福岡、沖縄、鹿児島と繋いできたバトンを受け継ぎ、「Just Do It!」という言葉を胸にスタートしました。「根拠のない責任感」とも言えるかもしれませんが・・・。
今回の実践フォーラム実行員会は、現在の「熊本の就労支援ネットワーク」を象徴していたように思います。

「『熱い思い』にみんなが自然と集まり、自分の役割を考え、滑らかに連携し合う」

そして何よりも、福岡チーム、鹿児島チームの皆様のご指導・ご協力のおかげで、無事にフォーラムを終えることができました。本当にありがとうございました。

「一所懸命」に取り組むことで、新たな目標が生まれ、次のステップに進むことができると確信しています。今回のフォーラムを総括し、新たな目標(熱い思い)に向けて、さらに「熊本の就労支援ネットワーク」を深めていきたいと思います。


投稿者: 永井崇雄 2014/10/08
コメント投稿は会員のみが行えます。
ログインがまだの方はこちらからログインしてください。
http://www.jc-net.jp/newTrackback.tsv?no=7472